きものお手入れ専門店 きものクリニック京都屋
特殊しみ抜き技術着物のお手入れ料金ご注文・お問い合せこんな時はご相談地図Home
特殊しみ抜き技術

──30年前のシミでもお任せください──

着物のシミ抜きを“解かずにする”というのは、これまで業界ではタブー視されていました。しかし、当社の特殊技術が解決することができました。

和イメージ
きものクリニック京都屋でできる事
● 帯のカビ取り。
● 先染め(紬、お召し、サメ小紋)等のカビ取り。
● 全体のクスミを解かずに取ることができます。
● カビ抜きが胴裏を解かずにできます。(留袖は除く)
● 留袖の比翼が黄色くなってしまった品物も真っ白くなります。
● 袴と洋服類のシミ抜き。
● 留袖の比翼の漂白。
● 染め、洗い張り、仕立て。
● 紋入れ、紋洗い。
● はっ水加工。
● 湯のし。
しみ抜き前後の比較
紬エリ裏20年前
紬エリ裏20年「前」 紬エリ裏20年「後」
全体に黄色くカビがはえているのを(左図)、着物を解かずにカビ抜きをしました(右図)。ご覧のようにカビがとれ、白くなっているのが分かります。
喪服30年前のカビ
喪服30年「前」 喪服30年「後」
30年以上経過している喪服ですが、裏は全体にカビがはえています(左図)。普通は取り替えるか、解いて作業をするので、解き作業代、洗い張り代、仕立て代等余計な手間もかかり、料金がかさみます。着物を解かずにカビ抜きができる当社の技術では、その分お安くでき、右図ように生まれ変わる事ができます。
袋帯30年前のカビ
袋帯30年「前」 袋帯30年「後」
これも30年前の袋帯の作業前後の比較です。左図では全体に黄色くカビがはえていましたが、帯を解かずにシミ抜きをしたものが右図です。
独自技術を生んだ哲学
薬品イメージ

商業を営む上では、常に「安価」「スピード」「高技術」の3要素が絡んできます。しかし、大手ですらこの3要素を実現させていくことは難しく、当社のような小規模店が大手安売り店に対抗するには、プロの技術を習得し、専門店化することしかないと考えました。
ならば当社は「高技術」を第1におこうと決め、25年に渡り和服のシミ抜きについての研究を重ねてきました。まったく新しい発想で、この技術開発をすることに成功したのです。

「付いたものが落とせないではプロとして価値がないため、日夜努力しております。」

これが私のスローガンであり、シミ抜き職人としての誇りです。

このページのトップへ ホームへ戻る